夫を励ましサポートするために大切な4つの事

時々気づくことがある。夫が必要としていることや願っていることに、特に気を配っていない自分がいることに。彼は自分自身の人生に満足していると勝手に想定して、どうやったら彼が、私自身の必要を満たしてくれるかだけを考える。彼自身だって、夢や必要としていることがあって、励まして欲しい気持ちがそこにあることを忘れて。

私たちが自分の夫のことを思い、励ますこと、いかにそれを意識する必要があるか、忘れてしまうことはとても簡単なことだと思う。自分自身とは全く異なるこの相手に対して、自分はどうやって励ましサポートすることができるか、完全にわからなくなってしまうことだってあるよね! そして日々の生活に追われて、タスクをこなしていく中で、夫に対して特に気にもかけず、そこに努力を費やすこともせず、ただただ時間だけが流れていってしまったり。だけどここ最近で本当に気づいたことがある。私たちが忘れてはいけない、妻としての役割は常に、私たちの夫を立て上げ、励まし、元気付けるということ!

「妻は夫を理解しサポートします」(コロサイ3:18 MSGから直訳)

私たち自身が夫の良きサポーターになる必要がある。それって、夫をより深く理解していくことで、できるようになる。そして私たちが結婚した男性が持ち合わせる、とても奥が深くて複雑な部分をどうやったら理解できるか、その方法を発見していくことが必要になってくる。

夫を励ましてサポートする方法ってたくさんあると思うけど、その中で私が最近、自分の夫と話していた時に気づいた、いくつかのポイントを伝えるね。

1.感謝することで、夫を励ま

pexels-photo-89478.jpeg

とてもシンプルなことかもしれないけど、普段どれだけ自分の夫に対して、ありがとうって言えているかなって考える。私の生活は、二人の子供のこと、日々やらなくてはいけないことが詰まっていて本当に忙しい。みんなそうだと思う。そうすると、夫にやってもらいたい事リストがどんどん出来上がっていく。と言うより、夫に対して、これまだやってないの!?と詰め寄って文句を言ってしまうことだってある。そして日々が過ぎていって、最後に「ありがとう」って言ったのいつだっけ!?ってなったりする。でも本当に大事なことはもっと簡単で、食器を洗ってくれたり、子供たちをベットから起こしてきてくれたりした時に、ただそれに、ありがとうって伝えたらいいんだよね。例えそれが、半分ぐらいしかできていなかったり、私自身がやって欲しいって思うレベルに達していなかったとしても、文句を言うより、ありがとう!って伝えることが大事。例えそれ自体をちょっと過剰に感じる時だって、自分が感謝を伝えるんだってことを、常に思い続けることが大事。

ありがとうって伝え始めてすぐは、とてもむず痒く感じるかもしれないけど、一度その感謝の気持ちを出し始めたら、それ自体が自然なことになっていく。どうしてそれが重要かって?なぜなら、感謝を示すことは、ただ私たち自身が夫を励ましして助けることだけではなくて、お互いが相手への愛と感謝の思いを湧き上がらせることに繋がっていくから。そして私自身が、夫に感謝を示すことによって、夫の良い所をもっともっと大事にしたいって思えるようになるから!

2.尊敬することで、夫を励ま

私が夫に、どんな風に応援して欲しいって聞くと、彼はいつも尊敬して欲しいって言う。男性ってみんな本当に、自分が尊敬されているかどうかを知りたがっている、と言うことを、私たちは知っておく必要がある。なので。私たちが彼らのことを笑ったり蔑んだりするとき。はたまた、彼らの悪いところを話していたり、彼に対しての不満を女友達と話している時、私たち自分の夫を尊敬してないってことになる。もちろん彼らに直して欲しい良くない部分ってあるはず。でもそれって、私たち自身にも言えること! それを、自分がいる前で言って欲しくないって思うのと同じで、ましてや他の人に話して欲しいなんて思うわけないよね。そうじゃなくて、自分自身がやっていること、人生の中で成し遂げていることを、称賛されたいし、尊敬されたいって思うのは当たり前だよね。

 pexels-photo-920535.jpeg

私が今も覚えているんだけど、ある時私が友達と夫のエクササイズの手順等について、とにかくなってない、って話をしてたことがあった。私はただ楽しんで話していただけだったんだけど、家に帰り着いて、彼が全く嬉しそうにしていないことに気づいたんだ。彼にとってその話は、全く楽しいものでは無かったということに、私はその時初めて知ることになった。私の夫は普段はとてもリラックスしているタイプで、冗談も良く言う人だけど、私がその話をしていた時の声のトーンは、夫に対して、尊敬を示したものじゃなかったし、しかも私はそれを、他の人の前でやってしまった。私自身が彼のナンバーワンであるべきで、尊敬を示すべきなのにも関わらず、そして彼もその尊敬をすごく求めているにも関わらず、私はそれをしなかった。もちろん、私たちの人生の中で、尊敬している人っていっぱいいると思うけど、自分の夫がナンバーワンであるべき!それって、私たちが結婚したときに抱いた尊敬の思いであって、その思いは常にもっともっと成長していくもの。決して、彼らの間違いを発見するたびに、減っていくものではない。

3.信頼することで、夫をサポートする

母としてやってしまいがちなことって、全部自分でやってしまうってこと。なぜならそっちの方が間違いは無く、全部きちんと出来るって知っているから。もしかすると、自分たちは母だから、一番のやり方を知っているのかもしれないし。でも私たちは結婚生活の中にいて、家族なわけだから、夫とも家事等やるべき事を分担していく必要がある。それって実は、彼らを信頼してすっかり任せきっちゃう、大丈夫上手くいく、って思って任せることだったりする。彼らをもっと信頼する必要があるよね。大きな信頼、例えば、彼は財政的に家族を守ってくれるって信じている、それと同じように、どんな小さなことにおいても、彼らを信頼する必要がある。私自身、時々、夫が何かを始める前に、それをストップさせちゃうことだってある。その時彼は、「なんで信頼してくれないのさ?」って言う。ね、なんでだろう!? 多分だけど、私が思い描いている通りにはいかないだろうなって思って、不安なんだと思う。そしてもちろん、上手く運ばない事だって多々ある、だけどそれこそが結婚っていうものだし、どんなにお互いがミスをしようとも、お互いを信頼しあうことがとても必要だよね。どんな時でも妻は夫を信頼している、それを常に感じていたいって夫は思っているはずだよ! (実は、このポイントが一番大事!って私の夫は言ってくれた。)

 14724458_10101752716619252_2182019904930745191_n

4.彼の夢をサポートする

私たちは、自分たちの配偶者の夢を応援する後見人である。その夢を押しつぶしちゃう? それとも応援する?私たちの人生を振り返る時、私たちが励まされて応援された夢を後悔することは無いけど、それよりも、潰してしまった夢を後悔することはあるかもしれない!

昔、ひろしが私のところに来て、彼の夢やアイディアを語ってくれたことがあった。もちろん私は彼の話に耳を傾けるわけだけど、その後で、ネガティブなことを並び立てて、それは上手くいくはずないよって言ったことがある。もちろん、彼のアイディアの中にはおかしな物もあって、上手くいかないことだってあったわけだけど。でもそれは、私が決めることじゃない、彼が、彼自身で知る必要があるって事に私はある時気づいた。もし私が彼の夢を押しつぶし続けるとしたら、それは、私が一番居心地が良いと感じる空間の中に彼を閉じ込めて、彼のポテンシャルを存分に生かそうとしてないってこと! だから私も変わろうって決めた。例えもし、夫が持ってきたアイディアが、良いねって思えないものだったとしても、私は彼を励ます者であるべきで、それを遂行できるように立て上げるべきで、決して理屈を並べ立てる者では無いってこと!

pexels-photo-371312.jpeg

もしかすると、それは時として何か自分たちの将来にマークを残すことになるかもしれないし、環境を一変させることになるかもしれない。私の夫が自分のビジネスを始めるってなった時、私は最初、とても良いとは感じられなかった。なぜなら、お金が入ってこない時期が少なからず続くってことも、たくさんの失敗だって出てくるってこともわかっていたから。その時私たちは子供が生まれたばっかりで、安定を切望していたわけだけど、でもそれと同時に、その時の仕事に彼はもうこれ以上留まる必要が無いってわかっていたし、彼の才能をもっと何か大きなこと、神様の為に用いる必要があるってわかってた! だから私がしなきゃいけなかったことって、彼を応援して励まして、大きく飛び立たせることだった! 夕食を食べているときに、もしくは朝のコーヒーを飲んでいるときかもしれない、彼が夢について語るときに、私がどのように応答するかで、その夢が死んでしまうのか生きるかを決定しちゃうんだってこと!どのように応答して振舞うかって、とっても大事!私たちの夫の夢は、私たちの手の中にあるんだよ!

今週どのようにして、あなたは夫を応援して励まし、サポートすることができますか?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s