夫に家族に関わってもらう4つの理由

第1子の娘が生まれた時、すごく不安だったと思う、9年間幼稚園の先生としてたくさん子ども達の面倒を見てきたけれど、自分の赤ちゃんをどう世話すればよいか分からず、その小さな彼女を腕に寄せた時びびってしまった。どれだけ多く子育て本を読んでも、次の準備を十分にしてはくれない。

私は自分の感情と戦った;泣きながら病院を後にし、赤ちゃんに授乳するのに何ヶ月も苦労し、ずっと「この子を寝かすともう起きないんじゃないか」と思い、些細な事も普通っぽい事もなんでもネットで調べてた!

多分、多くの新米パパ・ママは同じようなことすると思う、人生での新しいシーズン、すごく最高で同時すごく怖さもある!

このストレスを感じる試練の中で、旦那さんをないがしろにしたりケンカしちゃうのって簡単。

特に女性はホルモンバランスがアップ・ダウンするから、些細な事で旦那さんに文句を言ってた。ずっと昔から望んでいた自分の赤ちゃんを手に入れたことに満足して、夫のニーズは自分の中で一番低い優先順位となってた。でも、すぐに“自分たちは一緒に今このアドベンチャーを通ってるんだ”って気づいた、ママ&パパとして!私たちは、一緒に経験して楽しむ必要がある、タフなことも。

彼に何かをお願いした時、私が思ってた様にしてくれない事が多い、カーラへの対応がちょっと雑だったり、私が望んでいる様に家事をしてくれなかったり。彼は私の様にストレスを感じずリラックスした感じでいる、けれど彼にお願いすることは全て私の望んでいるレベルまで達してない:口論の始まり!

でも、それは私が抱いていた恐れや過保護な感情だった。私は、恐れを克服し神様を信頼する必要があった、神様が私の小さな娘の人生をコントロールする人だって!

 妻は、主に従うのと同様に、夫に従いなさい。 23 なぜなら、キリスト様の体である教会がキリスト様にゆだねられているのと同じように、妻は夫にゆだねられているからです。〔キリスト様は教会のために心を配り、その救い主となるために、実にいのちさえも投げ出されたのです。〕

エペソの人手紙 5:22-23 | JLB

聖書では、私たちは夫を理解してサポートする必要がある、そして彼に家族をリードしてもらう環境を作らないといけない。でも、私たちはたまに家庭をコントロールして家族のボスとなりたくなる、家庭内での夫へのリードする役をすごく小さくして。

特に旦那さんが一緒にいてくれない時間が多いと、いないことに対して苦い思いを抱く様になり、もっと遠ざけてしまう。けれど、彼と結婚した事には理由がある、だから彼を理解し旦那さんを家族のリーダーとして私たち家族の人生に関わってもらう必要がある。時には、彼に委ねて彼のやり方でリードしてもらう必要があるかもしれない!

だから、私は夫に積極的に家族と関わってもらう様にした、これらがなぜ赤ちゃんだけに夢中になってはいけない理由であり、夫を遠ざけるほど赤ちゃんに過保護になってはいけない理由、夫にぜひ新しい家族の人生の大きな一部となってもらおう。彼に関わってもらう事で、彼はもっと自分が家族の一員だと感じることができる。

彼は家族にとってとても大切な存在。

私の娘はパパが大好き、面白くて愛おしくて家族みんなを笑わせて楽しませてくれる!ストレスな状況をジョークで家庭を明るくしてくれる!

そして彼は私の真逆!私が最初彼にカーラの世話をさせない様にして全て自分でやっていた時は、今ほど素敵な関係ではなかったと思う。

カーラはパパと一緒に過ごす時間が大好き、そして私にずっとひっついている必要もない。カーラにとってパパが間違えようが大変だろうが関係ない、実際彼女はそういうパパが大好き、だから彼女の前でもありのままのひろしでいてもらってる!

もしかしたらあなたは“夫は家族の中での役割を担いたくない”や“忙しすぎる”っておもっているかもしれない、けれど時には私たち自身が夫に役を担ってもらわないよう追いやっているって気づかない事がある、なぜなら私たちが自分でコントロールしたかったり自分の方が子供のことよく知ってるって感じるから。彼にも家族の生活の一部になってもらうという事は、彼が家にいるときはなるべく彼だけに子供の世話をしてもらう、彼に子供の面倒をお願いする、また世話をしてもらった時は彼を励ます、という事。例えば、「あなたの子供との遊び方が好き!」「そうやってしつけてくれてありがとう」、「さっき面倒見てくれてありがとう」など、彼に家族の一員として役割を担ってもらっていることに感謝をあらわし、もっと家族に関わってもらおう。時には、私たちは夫のための家庭内の居場所を作ってあげて、家族の中でなくてはならないとっても大事な存在だって上げましてあげる必要がある。

また、私たちが夫に世話をしてくれる事に対して信頼していて、父親として尊敬している事を示してあげることもとっても大切。これらを彼に示してあげることで、彼は本当に父親としての役割をもっと担ってくれる。私たちが彼を遠ざければ遠ざけるほど、彼自身の父親・夫としての自信がなくなってしまう。

彼に関わってもらうことで、あなたがしている家事も助かることになる

もしかしたらあなたは“夫は家族の中での役割を担いたくない”や“忙しすぎる”っておもっているかもしれない、けれど時には私たち自身が夫に役を担ってもらわないよう追いやっているって気づかない事がある、なぜなら私たちが自分でコントロールしたかったり自分の方が子供のことよく知ってるって感じるから。彼にも家族の生活の一部になってもらうという事は、彼が家にいるときはなるべく彼だけに子供の世話をしてもらう、彼に子供の面倒をお願いする、また世話をしてもらった時は彼を励ます、という事。例えば、「あなたの子供との遊び方が好き!」や「そうやってしつけてくれてありがとう」、「さっき面倒見てくれてありがとう」など、彼に家族の一員として役割を担ってもらっていることに感謝をあらわし、もっと家族に関わってもらおう。時には、私たちは夫のための家庭内の居場所を作ってあげて、家族の中でなくてはならないとっても大事な存在だって上げましてあげる必要がある。

また、私たちが夫に世話をしてくれる事に対して信頼していて、父親として尊敬している事を示してあげることもとっても大切。これらを彼に示してあげることで、彼は本当に父親としての役割をもっと担ってくれる。私たちが彼を遠ざければ遠ざけるほど、彼自身の父親・夫としての自信がなくなってしまう。

彼に関わってもらうことで、結婚関係が強くなる

恐れ・しんどいこと・感情的なもの・喜びなどいろいろシェアし、結婚生活をもっと強くさせよう。もし私が夫をブロックすると、簡単に感情的になり、自分にイライラしてしまう。でも結婚というものは分かち合う必要がある。どういう意味かと言うと、私は自分の夫に恐れや良い事について話す、そしてお互いを理解して支えあう。これは、子育てをする中でとっても大事なこと、なぜなら子育てはまったく新しい経験で、今まで生きてきた中で特にクレイジーな経験であって、内側の底上げはするけどお互いの本当の気持ちは分かち合わない、なぜならそれが“子供のために強くならなくちゃ!”というのが夫婦だって思っているから。けれど、アップ・ダウンする感情・今自分が思っている事・今何が起こっているかなどを夫に話したり、逆に夫が抱く家族の役割についての心の内を打ち明けてもらう時間をもとう。

彼に関わってもらう事で、自分の時間がよりとれる

彼にしょっちゅう子供の面倒を見てもらっていると、子供をパパを信頼し一緒にいる事が大好きになる、第2子が生まれた時もカーラはずっとパパと一緒にいても嫌がらず楽しんでいた、おかげでマアは生まれたばかりのテッドの世話を見ることができた。また、私自身も休憩が必要、でもパパが両方の子供の面倒を見てくれるので私も1人で友達と遊びに行ったりもできる。

本当に、私たちはただお願いをするだけ!パパは喜んで私に休憩を取らせてくれる!彼は普段私がする大変なママ&主婦業に感謝してくれてる、だから彼はよく休憩をとらせてくれたり夕食作ろうかって聞いてくれる。

私たちは自分で頑張らなきゃって全ての重荷を背負おうとすればずっとそういられる、そうすると結局完燃え尽きてイライラしてしまう、だから、旦那さんに少し助けてってお願いしてみたら!

日本では多くのパパは長時間労働を強いられて中々家族と一緒にいられない、けれど、妻の仕事として、できるだけ夫を家族の輪に加えてあげる、家に中々いないからといって彼に不満を言うんじゃなくて。もしそういうネガティブな気持ちが出てきたら、あなたの夫に話してもっと思いを伝える必要がある!私たちの夫は助っ人であり、家族のリーダー、だからこそ彼にもう少しスペースを与えてあげて、家族に関わってもらおう!

あなたはどのように旦那さんに家族と関わってもらっている?この分野について悩んだ事はある?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s